宮城県遊協が新年研修会開催 | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

宮城県遊協が新年研修会開催

宮城寄付金宮城県遊協は2月1日、仙台市内のパレスへいあんで新春経営者研修会を開催した。
 
研修会冒頭の挨拶で竹田隆理事長は、のめり込み問題への対応や射幸性の抑制、さらには検定機と性能が異なる可能性のある遊技機の問題といった一連の課題を総括しながら、「問題のある遊技機については、まだ我々が積極的に外していくという環境になっていない」と述べ、メーカー側の対応に不満を滲ませた。さらに、遊技機設置確認の要綱改定や伊勢志摩サミット開催に伴う遊技機の入替自粛など、今年もめまぐるしく環境が変化していく要素が多数あるとして、議論を活性化させていく必要性を示すとともに、組合からの連絡事項に関心を持つよう促した。
 
研修会では、宮城県警生活安全企画課の川野重之課長補佐が講話。川野補佐は、今のホール営業の健全性維持に必要な注意点として、射幸性の抑制や適切な広告宣伝、置引き事犯の防止対策などの必要性を解説した。また、暴力団対策課の及川謙一課長補佐は、県内の暴力団情勢を解説し、暴排意識の維持を促した。
 
研修会後には、恒例となった社会貢献寄付金の贈呈式が行われ、県防連、県暴追センター、被害者支援センター、日本盲導犬協会仙台訓練センターの4団体に県内の社会福祉関係4団体を加えた計8団体に対して総額340万円を寄付した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

改正施行規則が公布 警察庁のパブコメに対する見解もHPで発表

2017/9/4

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年9月号

2017-9
主な記事:

広がる危機感と漂い始めた諦め感 
業界離れが加速か
市場の縮小は必至の情勢

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年8月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.