全日遊連 ベニヤ対応ポスターでメーカーへの不満示す | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

全日遊連 ベニヤ対応ポスターでメーカーへの不満示す

posuta全日遊連は9月27日、各都府県方面遊協に「回収対象遊技機の回収・撤去後の対応について」と題する文書を送付し、回収対象機を回収・撤去した後、新たな遊技機を入れずにベニヤ板等でふさいだり、外枠を残して遊技盤を取り外すなどの対応をした場合における統一表示を作成したことを知らせた。

9月16日に開催した全国理事会で、出席者から統一表示の要望があったことを受け、執行部と各委員長との合同会議で作成した。来店客などに告知するための「組合からのお知らせ」では、「現在、全国の組合員ホールでは、遊技機の過度な入替を控えております」とし、遊技機を回収・撤去した後に遊技機を入れずにベニヤ板等でふさぐ場合があることに理解を求めた。

また、ベニヤ板やガラス面等に貼付する「統一表示」では、「この台は、『遊技機メーカーの不手際』により回収・撤去されました。今しばらくお待ちください。全日本遊技事業協同組合連合会」と記した。

全日遊連と日工組では、一連の問題を話し合う場として定期連絡協議会を毎月開催しているが、関係者によると、最終リストに記載された年内回収機の補償問題などで協議は平行線の状態が続いているという。今回の「統一表示」は、回収機問題におけるメーカー対応の不満が全日遊連サイドに高じていることを、あらためて窺わせるものとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

%e5%85%a8%e6%97%a5%e9%81%8a%e9%80%a3hp

全日遊連が機種ごとの「みなし機」設置状況調査を開始

2017/8/22

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年8月号

2017-8
主な記事:

警察庁が施行規則改正でパブコメ 業界の自主的取組み評価せず?
寝耳に水の大幅規制に業界反発
依存問題への実効性にも疑問の声

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年7月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright © パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.