同友会、東野理事長の留任を承認 | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

同友会、東野理事長の留任を承認

OLYMPUS DIGITAL CAMERA同友会は5月17日、都内台東区のオーラムで第12回定時社員総会を開催し、東野昌一代表理事以下執行部全員の留任を承認したほか、新たに理事2名と監事2名を選任するなど人事強化を図った。また、同日に行われた定時理事会では賛助会員として株式会社ネオプラの新規入会を承認するなどした。

終了後の記者会見で挨拶を述べた東野代表理事は「あっという間の2年間だったが、今期もまた他団体との連携を深めながら依存問題や高射幸性遊技機問題などに取り組み、政策集団としてよりよい産業づくりに尽力していきたい」と新年度に向けての抱負を語った。総会では今年度事業計画で、「依存問題に関わる具体的な施策の研究を行う」など5項目を策定したほか、東日本大震災復興支援活動の新たな支援策として、宮城県南三陸町の特産品をホール景品として取扱うことなどを承認した。

懇親会では、警察庁保安課の津村優介課長補佐、日遊協の庄司孝輝会長、日工組の金沢全求理事長らが出席。このなかで警察庁保安課・小柳誠二課長の祝辞を代読した津村課長補佐は、ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議での論点整理において、業界への課題が記載された点に触れながら「これらの諸課題への対応に確実かつスピード感を持って対応していただきたい」と積極的な取り組みを促した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

警察庁、業界6団体に対し規則改正に伴う遊技機の取り扱いについて示達

2017/9/22

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年10月号

2017-10
主な記事:

経過措置では認定問題とみなし機問題が焦点に
改正規則公布 来年2月1日施行へ

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.