警察庁生活安全局保安課 小柳誠二課長 講話全文(日遊協通常総会において) | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web | ページ 6

警察庁生活安全局保安課 小柳誠二課長 講話全文(日遊協通常総会において)

次に遊技機の流通における業務の健全化についてお話しします。
 
昨年の講話でもお話ししたとおり、遊技機の設置や部品交換に伴う手続きにおいて、メーカーが作成する保証書に関し杜撰な取扱いが立て続けに判明したことに加え、不正に改造された遊技機が営業所に設置される事案が発生していたことから、当庁からメーカー団体に対し、遊技機が各営業所に流通する過程においても型式の同一性が担保される制度の構築と、その運用に関するルールの明文化を要請しておりましたが、貴協会のご尽力等もあり、メーカー団体において、「製造業者遊技機流通健全化要綱」及び「遊技機製造業者の業務委託に関する規程」が制定され、本年4月より施行されるに至りました。
  
今後、この規定に基づく運用を各現場において定着させる必要があるかと思いますが、新たな制度ということもあり、個々の現場において不慣れな対応によるミス等が生じることも予想されるところであります。流通に携わる関係業者が正しく制度を理解するよう、繰り返しの研修の機会を設けるなどの取組を継続していただくとともに、個々の運用を通じて制度の不備等が考えられる場合には、必要に応じて制度の更新も視野に入れた上で、遊技機の流通における健全化を一層図っていただきたいと思います。
 
また、この保証に係る制度運用を厳格に実施することは、射幸性の適正管理の実現につながるという意味で、くぎの問題と無関係ではありません。
 
本年4月以降に販売された型式遊技機については、部品交換の際、変更承認申請に係る保証書の担保として、くぎの状態が検定機と同一かどうかの点検確認をメーカーが一台一台実施することとなっております。貴協会におかれましても、くぎ問題の是正を契機として、保証書の厳格な取扱いが遊技機の射幸性の適正管理に必要不可欠であり、検定機として遊技機を営業所に設置し、都道府県公安委員会の承認を得ている以上、検定機と同一の構造・性能の遊技機を置かなければならないことを改めて認識していただきたいと思います。以上の趣旨を十分に踏まえた上で、遊技機流通の現場において円滑に運用がなされることで、業界の更なる健全化に資することとなることを願っております。
  

ページ:
1 2 3 4 5

6

7 8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

改正施行規則が公布 警察庁のパブコメに対する見解もHPで発表

2017/9/4

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年9月号

2017-9
主な記事:

広がる危機感と漂い始めた諦め感 
業界離れが加速か
市場の縮小は必至の情勢

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年8月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.