幕張メッセで「ジャパンアミューズメントエキスポ」開催

jaepo2017日本アミューズメントマシン協会と全日本アミューズメント施設営業者協会連合会は2月10日から12日の3日間、千葉市の幕張メッセで「ジャパンアミューズメントエキスポ2017」を開催した。

アミューズメント関連企業43社が最新のアーケードゲームを展示。昨年6月に施行された改正風営法により、保護者同伴であれば16歳未満の18時以降の入場が可能になったことを受けて、メダルゲームやエアーホッケー、プリントシール機など、若年層やファミリー層向けのゲーム機も多数出展された。また、これまでテスト導入などを実施していた電子マネーサービスが本格運用を開始しており、セガ、コナミ、タイトーの各社が独自のサービスを組み合わせた決済システムを発表した。

業界関連では、ホール向け部備品を取り扱う光新星が、受動喫煙防止対策に対応する喫煙ブース「スモークポイント」を出展。強化ガラス張りのスタイリッシュなデザインに加えて取り付けに大掛かりな工事が不要なのも大きな特徴で、ホール向けの展開も視野にいれた商品になっている。

会期中は、ビジネスデーに7127人が来場したほか、11日と12日の両日はドワンゴ主催のゲームイベント「闘会議2017」も合同開催され、会場来場者6万8459人(ネット来場者412万6180人)を記録した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWS業界ニュース

  • 新着ニュース
  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

20170421segasammy_release%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

韓国初のIR施設「パラダイスシティ」が開業

2017/4/21

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年5月号

2017-5
主な記事:

ホール業務の負担増は確実に 今後は遊技機基準改正が焦点へ
全体像が見え始めた「ギャンブル等依存症対策」

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年4月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright © パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.