ダイナムが福祉施設を招待したパチンコ体験会 | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

ダイナムが福祉施設を招待したパチンコ体験会

img_9459ホール経営大手のダイナム(森治彦代表取締役)は2月24日、三重県松阪市の「ダイナム信頼の森 三重松阪三雲店」で地元老人福祉施設の入所者とデイサービス利用者を招待した無料パチンコ体験会を開催し、35名の参加者がパチンコを楽しんだ。

当日は三重県内に出店する11店舗の各店長を含む計25名のスタッフが運営を担当した。同社の社員は障害を持つ来店客への対応を学ぶサービス介護研修を受けており、そのノウハウを活かしながら快適な遊技をサポート。パチンコを初めて打つ参加者に遊技方法をレクチャーしたほか、大当りを引き当てた参加者と一緒になって喜ぶ姿がみられた。

体験会の終了後には鈴木友悟ストアマネジャーと日馬一幸ゾーンマネジャーが参加者に挨拶。鈴木氏は「今後も楽しめる企画を行っていくので、是非参加して欲しい」と呼び掛け、日馬氏は「皆様が笑顔で楽しむ姿をみることができたのは自分にとっても貴重な体験だった」と謝意を述べた。

また、当日は店内全体を無料パチンコとして一般客にも開放。フロア内を全面禁煙として喫煙室を別途設けた完全分煙の環境、コンビニレベルの品揃えを実現した景品コーナー、低価貸し専門店の遊びやすさといった店舗の特徴を地元客にアピールした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • ニュース総合
  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

dksis%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a

ダイコク電機「DK-SIS白書2016」  各種指標の悪化傾向続く

2017/7/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年7月号

2017-7
主な記事:

遊技が持つ「楽しさ」「面白さ」を失う流れはどこまで続くのか
機械スペックによる規制は限界点へ
高まる「営業方法規制」を求める声

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright © パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.