北米最大のアニメイベントで5000人がパチンコ・パチスロを体験 | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

北米最大のアニメイベントで5000人がパチンコ・パチスロを体験

%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%e3%83%bb%e3%82%a8%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%9b%e3%82%9a2017北米最大のアニメイベント「アニメエキスポ2017」(主催・NPO法人 日本アニメーション振興委員会)が、7月1日から4日までロサンゼルスコンベンションセンターで開催され、昨年に引き続き「GENKI PACHINKO Japan実行委員会」(事務局・エンビズ総研)がブースを出展した。

今回は、都遊協青年部会が特別協賛となり、遊技機メーカーのSANKYO、北電子、三洋物産、サミーのほか、ホール企業の成通、ピーアークホールディングス、マルハンが協賛、ニラク・ジー・シー・ホールディングスが協力企業として名を連ねたほか、後援として大分県遊協青年部会も出展をサポートした。

会場では、パチンコ3機種、パチスロ3機種、パチスロ練習機1台を展示し、4日間の会期中に約5000人が遊技を体験した。来場者に行ったアンケートでは、「パチンコ・パチスロのことを知っていた」(57%)、「日本に来た時に遊んでみたい」(91%)など、好意的な意見が寄せられたという。また、「カラフルでピカピカしているのが良い」「映像がすばらしく、アメリカのスロットより面白い」など、アニメファンとパチンコ・パチスロの親和性の高さを示す意見も多数聞かれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

風営法解釈運用基準に依存対策の管理者業務を追加

2017/11/27

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年12月号

2017-12
主な記事:
厳しい規則改正の余波収まらず/100万台超の認定申請で新台需要の縮小気配も前倒し
 
詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.