「一般入賞口に全く玉が入らないぱちんこ遊技機」で警察が業界団体と各県警に通知 | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

「一般入賞口に全く玉が入らないぱちんこ遊技機」で警察が業界団体と各県警に通知

警察庁保安課は6月23日付で、全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAの5団体と参考送付先として日工組を加えた計6団体に、「デジパチに関して一般入賞口に全く玉が入らないぱちんこ遊技機について」と題する通知文書を送付した。

文書で警察庁は、「現在ぱちんこ遊技機市場の大半を占めるデジパチ」について、大当り抽選が作動する中央入賞口のみを入賞させ、その他の一般入賞口に玉が入らないように改造するくぎ曲げ行為が懸念される状況にあることをあらためて示した。

その上で、「一般入賞口に全く玉が入らないぱちんこ遊技機」は、これを営業の用に供している場合は風営法第20条第1項違反になることを各都道府県警察に通知したことを明らかにし、各営業者に対して指導することを要請。合わせて、同違反に至らない場合でも、くぎ曲げ行為は不正改造事犯であることについて、誤解しないよう求めた。
 
一方、同日付けの警察庁保安課による各都道府県警察への通知では、先の日遊協総会における保安課長講話と同様、「現在市場に出回るデジパチは、一般入賞口に十分間で合計数十個の玉が入る性能として検定を受けている」とした上で、「改造により遊技性能が変更されたデジパチのうち、少なくとも一般入賞口に全く玉が入らない仕様に改造された遊技機」は関連法規に抵触していることを明示。

具体的には、風営法施行規則9条で規定されている「獲得することができる遊技球の数のうち役物の作動によるものの割合が著しく大きくなることがある性能を有する遊技機」「遊技の結果が偶然により決定されるおそれが著しい遊技機」に該当するとともに、これら遊技機での営業は、風営法第20条第1項に違反すると解されるとして、同遊技機の取扱いについて適切な対処を促している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWS業界ニュース

  • 新着ニュース
  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

施行規則と機械規則改正で夏にもパブコメ

2017/6/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年6月号

2017-6
主な記事:

依存問題への対応強化で失われるパチンコの「楽しさ」「面白さ」
巧妙化する隠語 多様化する抜け道
正当な広告宣伝も規制される悪循環

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年5月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright © パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.