ダイナム、PB機の新ブランド「ごらく」シリーズを発表 | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

ダイナムPB1ホール大手のダイナムは1月27日、都内荒川区の本社ビルでプライベートブランド(PB)機の新ブランド「ごらく」の発表と、PB機新機種「CRフィーバーパワフル2018」「CRフィーバークィーン2018」の発表会を開催。また、ダイナムへの来店頻度の高い会員を招待しての「お客様体験会」も行った。

発表会で藤本達司社長は、今後、ダイナムのPB機を「ごらくシリーズ」として導入していくことを説明しながら「新ブランドにはパチンコを日常の娯楽にするという強い想いを込めた。PB機は安心して楽しんでいただける仕様になっており、是非、『ごらくシリーズ』を店舗で体験してほしい」と挨拶。新ブランドの展開に自信をみせた。また、佐藤公治取締役営業戦略部長は、今後のPB機事業を語る中で、遊技機コストや独自の遊技機開発など、その特徴や方向性を説明。2021年までに1店舗あたり平均44台まで設置台数を増やしていく方針を掲げた。ダイナムは2006年の「満願チューリップ」の発表以来、メーカー各社との共同でPB機59機種を開発し、これまで4万7703台をグループ店舗に導入。新ブランド立ち上げを機に、これまで以上に積極的にPB機の活用を図っていく考えだ。新機種は、いずれも大当たり確率1/109・8。「パワフル」はナショナルブランドと比べて大当たり確率が低く設定されている分、6R大当たり比率が高められており、一方の「クイーン」は、16Rを15Rに変更したことでフルR比率を高めた。店舗への導入は「パワフル」が2月初旬から、「クイーン」が2月中旬からの予定となっている。

ダイナムPB2なお、体験会には11組22名のダイナム会員が参加し、「ごらく」シリーズ初となる新機種を試打したほか、ダイナム幹部社員と食事をしながら、新機種についての意見交換や歓談を楽しんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

国会議事堂

高井崇志議員がみなし機問題などで質問主意書

2018/2/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年2月号

2018-2
主な記事:
パチンコ、パチスロともに新規則機開発で新たなルール作りが決着
パチスロ「6号機」に差す光明
詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年1月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.