ダイナムHD 中間で減収増益 | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

遊技場経営大手のダイナムジャパンホールディングスは、2017年9月中間期の連結決算をまとめた。それによると貸玉収入が前年同期比4.6%減の3,971億2,700万円、営業収入が同3.3%減の772億1,100万円と収入面ではともに減収したものの、利益面では税引前中間利益を同26.7%増の84億600万円、中間利益を同42.3%増の54億3,400万円と増益を発表した。

貸玉収入と営業収入の面では、高射幸性遊技機の撤去などの影響であると分析した一方、利益面の向上は、販促費、設備修繕費など、営業経費の削減によるものとした。株主利益配分については、安定配当継続の観点から、1株当たり6円の配当を行った。また、中核事業であるホール事業の今後の見通しについては、来年2月から施行される遊技機規則の改正を「業界の健全化を促進し、遊技人口拡大のチャンスになる」と捉え、これまで以上に効果的な機械投資、 営業技術力の強化、ローコスト経営の徹底などに取り組む方針を掲げ、さらなる企業成長を遂げていきたい、としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

風営法解釈運用基準に依存対策の管理者業務を追加

2017/11/27

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年12月号

2017-12
主な記事:
厳しい規則改正の余波収まらず/100万台超の認定申請で新台需要の縮小気配も前倒し
 
詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.