京都のオメガ、受けた行政処分をネット上で異例の公表

理由となったポスターデザイン

理由となったポスターデザイン

京都を中心に近畿、北陸エリアなどでチェーン展開する第一物産が京都府宇治市内で経営する「エンターテイメントオメガ六地蔵」はこのほど、広告宣伝に係る違反行為によって京都府公安委員会から受けた行政処分内容を、ピーワールド上の店舗ページで公表した。処分内容は、1月25日から2月13日までの営業停止20日間となる。店舗自らが、受けた行政処分内容をその理由とともに誰もが閲覧できるネット上で公開するのは極めて異例。

それによると、射幸心をそそる恐れのある広告宣伝と指摘されたのは、ジャグラーコーナー55台をリフレッシュしたとの告知ポスターデザインで、処分に至った具体的な理由は以下の4項目。

一つ目は、「店内ポスターに『OMEGA’S JUGGLER-輝くジャグラーコーナーをお楽しみください-』等の文言とともに、ジャグラーシリーズの大当り演出である「GOGO!CHANCE」の告知ランプ絵柄をことさら散りばめて強調するなど、大当り確率を高く設定した遊技機の設置をうかがわせる表示をし、善良な風俗または正常な風俗環境を害する恐れのある広告物を設け、もって営業所の構造及び設備を国家公安委員会で定める技術上の基準に適合するように維持しなかった」

二つ目は、「前述の広告物を店舗南西部壁面に設け、営業所周辺における正常な風俗環境を害する恐れのある方法で広告または宣伝をした」

三つ目は、「営業所中央通路において、前述の広告物を設置し、営業所内にて大当り確率を高く設定した」

そして最後の四つ目が、「インターネットの情報サイト「P-WORLD」上に設置された当該営業所の広告宣伝ページ上において、前述の広告物を掲出することにより、営業所内において、大当り確率を高く設定した遊技機の設置をうかがわせる表示をし、著しく射幸心をそそる恐れのある方法で営業した」

同店では今回の行政処分について、「私共の広告宣伝におきまして、一部不適切な表現がございました、そのことにつき、担当行政より厳重なる指導を受けました。このことを真摯に受け止め、今後は二度とこのような事が無い様再発防止に務め、遵法営業に鋭意邁進致します」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWS業界ニュース

  • 新着ニュース
  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

20170421segasammy_release%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

韓国初のIR施設「パラダイスシティ」が開業

2017/4/21

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年5月号

2017-5
主な記事:

ホール業務の負担増は確実に 今後は遊技機基準改正が焦点へ
全体像が見え始めた「ギャンブル等依存症対策」

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年4月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright © パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.