日工組と日電協が楽曲上映の使用料でJASRACと合意

日工組、日電協及びコンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は昨年12月1日、遊技機に搭載された楽曲がホールで流れることに対する使用料について日本音楽著作権協会(JASRAC)と合意した。今年1月1日よりJASRACによる管理が開始されている。
 
使用料は遊技機1台につき、楽曲あたり80円。メーカー側がJASRACに申請し支払いを行う。ただし、3年間は経過措置を設けており、2017年は1曲あたり50円、2018年は同60円、2019年は70円とされた。
 
遊技機に搭載される楽曲については、メーカーが著作権者と合意した使用料を支払っているが、JASRACはホールに設置された遊技機から楽曲が流れることが上映・演奏等にあたるとして、業界側に使用料の支払いを含めた環境整備を求めていた。利用主体はホールとなるが、管理が容易でないことなどから全日遊連はメーカー側での対応を要請。これを受けた日工組と日電協がJASRACとの協議を進めていた。
 
日工組と日電協とあわせてJASRACと合意したACCSはコンピュータソフトウェア、コンテンツなどの著作権者で構成する業界団体で、デジタルコンテンツの権利保護や啓蒙活動などを行っている。複数の遊技機メーカーが会員となっていることから協議に関わったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWS業界ニュース

  • 新着ニュース
  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

警察庁 依存問題対策強化で遊技機規則の改正へ

2017/2/22

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年3月号

2017-3
主な記事:

燻り続ける遊技くぎ問題に加えて
依存問題対策状況の調査が開始

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年2月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright © パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.