機構が、「遊技機性能調査」の行政通報の留保を発表 | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

機構が、「遊技機性能調査」の行政通報の留保を発表

遊技産業健全化推進機構は11月13日、「遊技機性能調査の行政通報の留保について」のお知らせをリリースし、調査を継続する中で異常が確認された場合の判断について「当分の間、行政通報を留保する」と発表した。留保期間がどのくらい延長されるかの目処は示されていない。また、あまりに悪質なくぎ曲げの状態などが確認された場合には、個別に行政通報を行う可能性があることが付記されている。
  
機構が6月から開始している遊技機性能調査の結果については、異常が確認された場合の行政通報が11月末まで猶予されることになっていた。
 
今回の留保の理由について機構は、日工組が11月4日、出荷時点から検定機と異なる性能となっている可能性があるパチンコ機について、業界全体で回収を進めていく方向性を示したことや、これに伴って警察庁が同6日、ホール5団体に対して「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機の撤去について」の要請を通知したことを挙げ、「業界全体の解決に向けた取組みの進捗状況を見極める」などと説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

%e9%81%8a%e6%8a%80%e6%a9%9f%e9%87%8d%e9%87%8f

全日遊連が遊技機の重量と筐体形状制限で要望書

2017/8/4

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年8月号

2017-8
主な記事:

警察庁が施行規則改正でパブコメ 業界の自主的取組み評価せず?
寝耳に水の大幅規制に業界反発
依存問題への実効性にも疑問の声

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年7月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright © パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.