遊技機性能調査 異常発見時の行政通報開始へ

遊技産業健全化推進機構が2015年6月1日からおこなっている、ホールに設置してあるパチンコ機の遊技くぎの状態を一般客に混ざって調査する「遊技機性能調査」について、これまで留保されていた異常発見時の行政通報を開始する方向で議論に入っていることがわかった。警察庁からの要請によるもの。正式な留保解除の日時は未定だが、近々行われる予定の理事会の決議をもって、異常発見時の行政通報が開始される見通し。
  
「遊技機性能調査」は開始から半年間は経過措置として、さらにその後も業界団体が行う「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機」の回収撤去の取り組みを見届ける意味合いから、検査結果の行政通報の留保が続いていた。
 
「遊技機性能調査」は、機構検査員が一般の遊技客と同様にお金を払って玉を借りて遊技を行い、一般入賞口の入賞率などを検査する。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWS業界ニュース

  • 新着ニュース
  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

%e5%85%a8%e6%97%a520170315

全日遊連 依存対策への取り組み強化を報告

2017/3/16

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年3月号

2017-3
主な記事:

燻り続ける遊技くぎ問題に加えて
依存問題対策状況の調査が開始

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年2月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright © パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.