ピュアダが喫煙ブース「pureda box」を発表

img_7672ピュアダは1月24日、都内台東区上野のターミナルホテルで2月から販売を開始する新製品「pureda box」の内覧会を開催した。

同社は禁煙島をポリカーボネート素材の透明板で覆う分煙システム「pureda」を展開しているが、今回の新製品は「喫煙BOX」で、アルミフレームとポリカーボネート素材の外壁で囲まれた約90センチ四方の1人用と、奥行き90センチ×240センチの4~5人用の2タイプをラインナップした。

BOX入口の開口部はエアカーテンによってブース内部の煙が漏れない仕組みを採用。ブース内の天井部から吸い取った汚れた空気は活性炭フィルターで清浄化して排出される。

最大の特徴は、今国会にも提出が見込まれている受動喫煙防止の強化法案の方向性を盛り込んでいることで、完全密閉になるよう開放部に扉を後付けできる構造になっていたり、外部排気用ダクトの増設も簡単に行える仕様になっている。

同社では、「規制強化の流れは決定的で、今のうちからタバコを喫煙スペースで吸うスタイルに慣れてもらう必要がある。そのために『pureda box』を活用してもらいたい。喫煙室の要件にあわせた対応ができるので、継続して使うことができる」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWS業界ニュース

  • 新着ニュース
  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

%e8%b3%aa%e5%95%8f%e4%b8%bb%e6%84%8f%e6%9b%b8ta

高井議員のパチスロ旧基準機問題の質問主意書に政府答弁

2017/4/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年4月号

2017-4
主な記事:

終わりの見えない対策に追い立てられる業界
依存問題の国会対応が本格化
警察庁は業界に対策強化を要請

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年3月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright © パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.