ユニバーサル、パチンコ版ハーデスなどを記者発表 | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

ユニバーサル、パチンコ版ハーデスなどを記者発表

img_9191webユニバーサルエンタテインメントは6月13日、都内有明の同社本社で、パチンコ機の新機種「CRアナザーゴッドハーデス アドベント」(メーシー製)と、パチスロ機の新機種「ラグナロクサーガ」(同)を記者発表した。

パチンコは、パチスロでお馴染みの人気タイトルがモチーフ。ハーデスの世界観を、多彩な液晶演出で再現したほか、新たな演出群も多数搭載されている。スペックは大当り確率1/319.7、確変65%のループタイプ。初当り時の54%が12ラウンド以上(特図1)という出玉感も魅力の一つだ。

一方のパチスロは、純増約2.0枚のARTを中心に出玉を獲得していく仕様。ART突入時は継続率管理型の初期ゲーム数決定ゾーンが発動し、7が揃う度にゲーム数が加算されていく仕組みだ。ゲーム性はシンプルで、液晶画面に図柄が揃えば大当り、7が揃えば上乗せという分かりやすさが特徴となっている。

同社マーケット戦略室の長谷川崇彦室長は、「パチンコは出玉の瞬発力が特徴的な仕様になっている。パチスロは、単純明快で熱いところがはっきりしている。5.5号機として長く売上、稼動に貢献できる機械になると自信を持って薦められる」と新機種をピーアールした。

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWS業界ニュース

  • 新着ニュース
  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

施行規則と機械規則改正で夏にもパブコメ

2017/6/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年6月号

2017-6
主な記事:

依存問題への対応強化で失われるパチンコの「楽しさ」「面白さ」
巧妙化する隠語 多様化する抜け道
正当な広告宣伝も規制される悪循環

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年5月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright © パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.