株式会社ユニバーサルエンターテインメント、プロジェクションマッピング搭載の新筐体を開発

Print株式会社ユニバーサルエンターテインメントはこのほど、パチスロ機の映像表示装置にプロジェクションマッピング技術を搭載した新筐体「WIZARD」(ウィザード)を開発し、報道陣に公開した。

同技術は近年、映像ショーイベントなどを中心に、一般にも認知されてきているが、パチスロ機に搭載されるのはもちろん、据置型メンテナンスフリーの商用営業機として、数万台規模で量産化されるのは世界でも初めてだという。

新筐体で開発中となる演出映像を披露した際には、これまでにない描写表現の革新性に、集まった記者らから感嘆の声が挙がっていた。すでに同社では、同技術を搭載した新機種の販売を今春にも計画しており、新たな遊技機の可能性を示す技術革新機として注目を集めそうだ。PRT筐体斜め筐体web22

プロジェクションマッピングは、建物や空間に対してプロジェクターを用いて映像を投影する手法。平面だけでなく、立体物などに投影することで、リアルな物体とヴァーチャル映像の融合を楽しむことができる映像表現だ。最近では、2012年に行われた東京駅の丸の内駅舎を使ったプロジェクションマッピングイベントが知られている。

同社では、この映像表現をパチスロ機で実現するために、新技術「高性能マイクロプロジェクターおよび、3D描画エンジンとの双方向性を視野に入れた超高速広帯域画像処理モジュール」を開発。プロジェクターの小型化を図るとともに、これまで固定の立体物専用だったプロジェクションマッピングの投影を可動物でも可能にするなど、さらなる進化への道筋も付けた格好だ。

また、同技術を採用したパチスロ機では、スクリーン側の工夫で各社多様なコンテンツに対応できるため、長納期部品の生産リスク低減とリサイクル率の改善が見込めるという。webPRT筐体上B

同社マーケット戦略室の長谷川崇彦室長は、「これまでメンテナンスフリーの据え置き型マイクロプロジェクターの量産化は難しかった。開発にあたって苦労したのは、複数のスクリーンと連動しながら行われる映像の照射と、どのようなタイミングで画面が切り替わっても映像のズレが生じない点だ。今後パチスロ機の射幸性が低下していくなか、業界全体を新たなブレイクスルーで盛り上げていきたい」と新技術に対する期待感を表した。

※イラストは設計データを基にしたイメージ図。またイメージ画像、プロトタイプの筐体画像は、開発中のもの
©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWS業界ニュース

  • 新着ニュース
  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

IMG_1124web

全日遊連会見、3次リスト回収に伴う補償問題は平行線

2016/9/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2016年10月号

2016-10
主な記事:

業界7団体が回収機未撤去ホールに遊技機販売停止措置
未撤去事例への対応策は仕切り直しか

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2016年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright © パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.