西陣が「麻王」のリメイク機を発表 | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

西陣が「麻王」のリメイク機を発表

西陣は12月20日、西陣上野ビルで「CR麻王DX SP」の機種説明会を開催した。

1993年に登場したヒットタイトル「麻王」のリメイク機でスペックは大当り確率1/67.35のV確ST。

初当りの10%でST10回転+時短60回転の「ハピネスタイム」に突入。「ハピネスタイム」は、通常大当り後の時短10回転で大当りを引き戻した場合でも必ず突入する。時短を含めたトータル突入率は約26%。

ST10回転での継続率は約65%で、時短60回転での引き戻し率は約59%となっており、甘い大当り確率ながらも高い継続性を実現。大当りは1R、5R、6R、7R、8R、10R、15Rの計7種類となっている。「ハピネスタイム」中のメインは70%を占める出玉約240個の5Rだが、出玉約720個の15R比率も19%確保した。

ホールへの納品は2月中旬を予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWS業界ニュース

  • 新着ニュース
  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

施行規則と機械規則改正で夏にもパブコメ

2017/6/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年7月号

2017-7
主な記事:

遊技が持つ「楽しさ」「面白さ」を失う流れはどこまで続くのか
機械スペックによる規制は限界点へ
高まる「営業方法規制」を求める声

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright © パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.