メイドインがパチスロテーマに5回目となる無料セミナー | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

メイドインがパチスロテーマに5回目となる無料セミナー

IMG_1134パチスロ機販売やコンサルタント事業などを手がけるメイドインサービスは9月27日、都内上野のパークサイドホテルでパチスロ運営などをテーマにした特別無料セミナーを開催した。今回で第5回目となる。

講師を務めたメイドインサービス新規事業推進部の飯田信一部長は、最近の業界動向を踏まえながら、今後のパチスロ営業強化に向けたポイントを解説。低貸し営業を強化しながら、稼動を高めていく手法を提案した。

その中で飯田部長は、営業計画見直し策の一つとして、稼動上昇を図るために粗利目標額を抑えるならば、低貸しコーナーでの実施を推奨。「下げた粗利目標が同額なら、低貸しで行ったほうが、即効性もあり、効果も高い」と述べ、具体的な成功事例を披露した。

さらに、今後低貸しから20円へプレイヤーを導く考え方としては、「低貸しユーザーがいきなり、20円の旧基準AT・ART機で遊ぶ確率は低く、まずは20円のノーマルタイプに誘導することになる。ただ、ここで20円ノーマルタイプに設定が入っていないことが分かれば、再び低貸しに戻ってしまう。上手く定着させるためには、20円ノーマル機の強化が必要で、設定を入れて遊べる環境を創出することが重要となる」との考えを示すなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWS業界ニュース

  • 新着ニュース
  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

施行規則と機械規則改正で夏にもパブコメ

2017/6/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年7月号

2017-7
主な記事:

遊技が持つ「楽しさ」「面白さ」を失う流れはどこまで続くのか
機械スペックによる規制は限界点へ
高まる「営業方法規制」を求める声

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright © パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.