全遊振で二瓶氏がドラッカーをテーマに講演

img_1673web全国遊技ビジネス振興会は2月16日、都内千代田区の会議室で例会セミナーを開催し、人間力(じんかんりょく)総研社長の二瓶正之氏がピーター・ドラッカーの理論から経営者が学ぶべき点について解説した。

テーマを「経営者が今、ドラッカーから学びたいこと」とした今回の講演では、ドラッカーの経歴やマネジメントに対する考え方に触れながら、リーダーが組み込むべき経営ノウハウを提案した。

その一つにミッションの提示を挙げた二瓶氏は、「今の若い人に対しては、物質的な欲求を満たすよりも、精神的な欲求を満たす切り口のほうが刺さる傾向にある。ミッションの提示は、目にはみえないが、これがあるのとないのでは、ゆくゆく大きな違いが生じてくる」と長期的な視野に立ったミッション提示の有効性をレクチャーした。

さらに二瓶氏は、「特に中小企業にいえることだが、ワンマン経営はある時点で必ず限界がくる。そのために2人以上のトップマネジメントチームを結成しておくことが必要だ」と推奨。そのメンバーとして、真摯であることが最も重要な資質として訴え、そのほかに、トップにNOがいえる人、専門分野を持っている人をその条件として挙げるなどした。

また当日の例会には、大阪を中心にチェーン展開するベラジオコーポレーションの吉田拓明社長と森川幸平専務が登壇し、設定漏洩が疑われた一連の騒動の経緯を説明するとともに、この件が、web上で拡散したことで業界が被ったイメージダウンについて陳謝した。

吉田社長は、「設定管理に関しては今までルーズな部分もあった。これからは設定を打つ時から、一連の行程すべてを管理していこうと考えている」と述べ、再発防止を図るために、従業員教育の強化をはじめ、第三者機関による調査チームの創設など、様々な施策を打ち出していく方針を明らかにした。

すでに同社では2月8日付けで、店舗責任者であった元従業員を懲戒解雇したことをホームページ上で発表。現在、警察に被害届を提出しているほか、背任行為に対する刑事告訴に向け、準備を進めている段階だとした。なお、当該元従業員は今も、問題となったLINEについては、IDを乗っ取られたとして関与を否定しているという。

これを受け、同会の三井慶満顧問は、「抑止力をきかすために、設定をみたものについては、誰であっても保証人をとるという考え方もある。というのも、会社は社員を守るという前提に立たなければならない。そのため、権限を持っている人が、様々な誘惑を断ることができる材料を、会社側が作ってあげなければならないということだ」との見解を示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWS業界ニュース

  • 新着ニュース
  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

%e5%85%a8%e6%97%a520170315

全日遊連 依存対策への取り組み強化を報告

2017/3/16

月間遊技通信最新号

遊技通信2017年4月号

2017-4
主な記事:

終わりの見えない対策に追い立てられる業界
依存問題の国会対応が本格化
警察庁は業界に対策強化を要請

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2017年3月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright © パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.