【遊情ネット】店舗を取り巻くマクロな環境変化

3年前に、新構造の全固体蓄電池が開発されました。この蓄電池は、現時点での最新リチウムイオン蓄電池と同一体積で容量は3倍、価格は1/6となっています。数年でリチウムイオン蓄電池同様に3倍の容量で価格は半額となると考えられています。

最大の特徴は、電気自動車が600Km走るのに必要な電力を充電するのに10分以内で完了することです。また、動作温度がマイナス50℃から100℃の範囲以上で使用可能であり、リチウムイオン蓄電池の問題点である爆発の危険がないことです。また、全固体蓄電池の寿命は100年以上(フル充電で4万回以上)とされています(ただし、錆等の物理的劣化は除く)。

この全固体蓄電池の完成は、世界の産業を根底から覆していきます。例えば造船業では、長崎では三菱造船の工場閉鎖、広島でも東芝・呉工場の規模縮小のほか、三井造船の造船工場では全固体蓄電池製造工場への生産品目変更など、地域の主力工場の閉鎖に伴う地域のサービス産業の低迷につながっています。ちなみに、最近の大型船はエンジンではなくモーターで動かしているほか、潜水艦は多くの場合モーターが使用されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年2月号

主な記事:

巨大ターミナル駅を舞台に展開された局地戦
首都圏随一の激戦区 池袋・渋谷・新宿の変遷

全日遊連が「依存対策実施状況調査」まとめる
依存対策実施率は高水準推移 今後の課題は周知活動

遊技通信創刊70周年記念対談・
グローリーナスカ株式会社 井寄義孝社長

インタビュー/矢野経済研究所主任研究員 高橋羊氏・青山財産ネットワークス取締役 島根伸治氏
コロナ後を先読みしたグループ店舗戦略と縮小マーケットにおける財産保全

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.