【遊情ネット】店舗を取り巻くマクロな環境変化

3年前に、新構造の全固体蓄電池が開発されました。この蓄電池は、現時点での最新リチウムイオン蓄電池と同一体積で容量は3倍、価格は1/6となっています。数年でリチウムイオン蓄電池同様に3倍の容量で価格は半額となると考えられています。

最大の特徴は、電気自動車が600Km走るのに必要な電力を充電するのに10分以内で完了することです。また、動作温度がマイナス50℃から100℃の範囲以上で使用可能であり、リチウムイオン蓄電池の問題点である爆発の危険がないことです。また、全固体蓄電池の寿命は100年以上(フル充電で4万回以上)とされています(ただし、錆等の物理的劣化は除く)。

この全固体蓄電池の完成は、世界の産業を根底から覆していきます。例えば造船業では、長崎では三菱造船の工場閉鎖、広島でも東芝・呉工場の規模縮小のほか、三井造船の造船工場では全固体蓄電池製造工場への生産品目変更など、地域の主力工場の閉鎖に伴う地域のサービス産業の低迷につながっています。ちなみに、最近の大型船はエンジンではなくモーターで動かしているほか、潜水艦は多くの場合モーターが使用されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【日遊協令和2年度総会における警察庁保安課長講話】

2020/6/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.