【コラム】心で感じろ!遊技機「音」バカ一代(第5回)

バナーサウンド
迷言編:その2 「おやすみ、ムーニーマン」 とある打ち合わせ中…。


「河野君、眠いっ! 眠すぎるっ! 眠すぎるぞっ!」
 
遊技機サウンド開発に携わっていない人は「ん?」と思うかもしれないが、これも遊技機開発の現場ではよく聞く迷言の一つである。超訳すれば、「とにかく盛り上がってないから暇。もっとサウンドで盛り上げろ」。本当に睡魔に襲われているわけではない。
 
この迷言は、前回紹介したボンバーマンと違い、威力はそこまで強くはないが、開発のどの場面でもぶっこまれる可能性がある。あまりにも眠い眠いと連呼するので、「ムーニーマン」と命名した。
 
「眠い」って言われても、だいたいにしてサウンドどうこうの前に、今はまだ開発途中ですよ! 全体スケジュールを把握していますか?? 演出の出現振分けとか制御組込が完成してないから、ほとんど予告が出ていないんだもん。サウンドクリエイターもなるべく飽きがこないようにメリハリをつけたり工夫をしているけど、予告が出ない状態だと同じBGMを永遠聞かされるのだから、誰でも飽きてくるよ。
 
結果、打ち合わせ資料のサウンド修正要望欄に、たった一言「眠い」と書かれていた時は思わず笑ってしまったよ。こやつ、とうとう資料にも書きおったか!ってね。じゃあ、もう寝てください。おやすみ、ムーニーマン…。
 
この迷言「眠い」を使う人はかなり多い。しかも感染する。ムーニーマンの部下や後輩も使いだす。もうね~、感染した人間が多数いる打ち合わせはもうカオスですよ。あっちでもこっちでも「眠い」って。特に音などのクリエイティブな部分は正解がないため、知識がない人でも文句は言いやすい。だからってあまりにも漠然としすぎですぜ!
 
それでもまあ、このムーニーマンから大出世し、選ばれし勇者になった人間が晴れてボンバーマンになっている。そして、こういった方々のおかげか(?!)、自分自身がかなり強くなったと思う。反面教師として、こうはならないと心に誓ってからは、曖昧な表現や部下を悩ませる発言はしないよう心がけている。そういう意味では、感謝していいかもしれない。
 
こうして開発の現場で聞く迷言ばかり書いていると、延々と書き続けていけそうな気がするが、他にも書きたいことがあるので、迷言編はこれぐらいにしときます。
 
それでも、他の迷言を教えてほしい人がいたら、リクエストをお待ちしてます!(いないか)
 
〈続く〉 


●河野 友希(こうのゆうき)/遊技機メーカーにてサウンド担当として在籍後、ダイコク電機へ転職。入社後、サウンドプロデューサーとして遊技機に特化した攻撃的かつ斬新な遊技機サウンドを数多くプロデュースし、多くの支持を集めている。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.