【コラム】心で感じろ!遊技機「音」バカ一代(第9回)

バナーサウンド
第9回 サウンド開発環境~河野の職業病編~


どの業種にも、少なからず職業病というものがあると思う。

私も重度な職業病にかかっている。いや、遊技機のサウンドに携わっている方はおそらく皆さんがかかっていると思う。

それは街中で聞こえる音を、パチンコに搭載されたらどれくらいの信頼度になるか、その音をどう加工すればパチンコっぽい音になるかを、ついつい考えてしまう病だ。

私はその病にかかってから、街中の音に敏感に反応する体になってしまった。病の初期症状はファミリーマートの入店音や名鉄のパノラマカーのミュージックホーンとか比較的耳に残るメロディに対して反応を起こしていた。

そもそも名鉄パノラマカーのミュージックホーンなんて、パチンコのために作られた音なんじゃないかと勘違いしてしまうほど、一発告知音などで使える音だと思う。あれは良い音だ! 知らない人は検索してみよう。

職業病といえども、その初期段階で街中の音に反応するぐらいであれば、まぁ可愛いものですよ。
私のように末期になるとどうなるか・・・私はトイレの大の方からたまに聞こえてくる、あの音でも反応するようになってしまった。
「う~ん、あのすかした音はガセで使えるかな・・・」
「お、あの音は保留青変化ぐらいの音だな・・・・」
「あの音は尻上がりで余韻が長いな~、ということはカットイン緑で使えるぞ・・・」
「おっ、すげー尻上がりでアルペジエーターをつけたのか。あとは強めのアタックを足せば強チャンスぐらいはいけるか・・・」

ここまでくると、もう治らない。大変ですよ! それでも毎日パチンコ音のことを考えている、超仕事人間ということにしといてください。

というわけで、私は決して変な人ではないので、皆さん今後も仲良くしてください!

〈続く〉


●河野 友希(こうのゆうき)/遊技機メーカーにてサウンド担当として在籍後、ダイコク電機へ転職。入社後、サウンドプロデューサーとして遊技機に特化した攻撃的かつ斬新な遊技機サウンドを数多くプロデュースし、多くの支持を集めている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.