【コラム】心で感じろ!遊技機「音」バカ一代(第14回)

バナーサウンド
第14回 あいつは生がお好き


クライアントの中でもすべてのBGMのギターは打ち込みじゃなく、「生っ!」と必要以上に“生”を推す方が一定数存在する。生が好きなんですねぇ~。 私も基本“生”は大好きだ!
 
パチンコホールで他機種が大音量で鳴り響く中、生のギターと気が付く人はいるのか。 私の予想だが、ユーザーは生だろうが、打ち込みだろうがどっちでもいいと感じていると思う。 だが歌モノについては大当り中に流すため、他のSEに邪魔されることなく発音するため、打ち込みではなく、生でバシっとキメるというのは理解できる。 ただ色々なSEが鳴りまくる予告でも“生”というのはどうなんだろうと理解に苦しむ。 たぶん誰も気づかないですよ…。
 
だが、クライアントから“生”と指示されたら、私はYesマンなので百万ドルの笑顔で「承知いったしましたぁ~~~」と元気よく答える、Theサラリーマンの河野! そして社内に戻り、ギタリストに指示を出す。社内には、ギタ―の他にベース、キーボードを演奏できる人間が在籍している。

ところがその後、修正が入り、「尺が変更になりますのでBGMも修正対応お願いします」と、クライアントからのデステレフォン! 結局またイチから弾き直し…。 最初から打ち込みにしていれば、もっと早く修正できたのにと思いながらもギターを掻き鳴らすウチのギタリスト!

遊技機のように日夜尺変更が起きる現場では、生よりも打ち込みのほうが後々対応できるので、制作側としてはそう思うのだが、クライアントが言われた以上、期待に応えるのが協力会社!
 
「さ~て、今日も良いBGM作りまっせ~~~!」(カラ元気ですが何か?) 
 
 

〈続く〉


 

●河野 友希(こうのゆうき)/遊技機メーカーにてサウンド担当として在籍後、ダイコク電機へ転職。入社後、サウンドプロデューサーとして遊技機に特化した攻撃的かつ斬新な遊技機サウンドを数多くプロデュースし、多くの支持を集めている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年6月号

主な記事:

新規則機への移行に向けた「最後の猶予措置」
旧規則機取扱いの21世紀会決議を改定 厳しい市場環境受け設置期限を延長

「遊技通信」1500号記念 通刊第15号(昭和27年2月25日号)再録

日本有数のビジネス街と観光地「新橋」「銀座・有楽町」「浅草」の変遷

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
オーイズミ 大泉政治代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.