【コラム】心で感じろ!遊技機「音」バカ一代(第20回)

バナーサウンド
や、やめてくれ!素人の効果音指示 擬音マジシャン編1


私が遊技機でサウンドに携わっていて、一番苦労すると言っても過言ではないことがある。
それは他の部署から飛んでくる無慈悲な修正指示だ。
 
修正指示を出した人間はサウンドに口を出してやったという満足感と個人的な好みを押し付けた自己満足で、恍惚の顔をしているが、言われたサウンドクリエイターは素人丸出しの修正指示内容を解読するのが超大変だ。
 
その中でも特に解読が不可能だった修正指示内容をいくつか書いていこうと思う。
 
その1
「ここの音は、ガキンではなくバキンでお願いします」
ガキンとバキンの違いが何なのか今でもわからない。すべては指示を出した人間の感じ方次第だ。結局、何回か修正させられたあげく、ムカついて一番最初に修正指示出されたガキン音と呼ばれた音に軽くエフェクトをかけたらOKが出た。よ~わからん・・・
 
その2
「キュインではなくギュインにしてください」
このセリフを言った人間は、当時からよくわからない発言を連発する困った奴だったので無視をした。だがその後、嬉しそうにギュインにしてくれてありがとうと言われた。
あれ? 修正してないのだが・・・まぁ本人も満足しているみたいだったので、そのノリに合わせておいた。
 
その3
「ここの音はもっとアツさを出してほしい。何の機種か忘れたけど、プリプリプリプリプーみたいな音があったので、その音にしてほしい。」
それって・・・お腹を壊した時の音ですかね? と思わず問いかけたくなるフレーズだ。
それにしても、何の機種に搭載されているか本人も分からないのに、とりあえず相手に伝えるなんて・・・あんた鬼や!
当時私は今以上に純粋な気持ちがあったため、一生懸命探しましたよ。
そして、プリプリ音・・・見つかりました。
 
奴が言った音が搭載された機種が何なのかは、次回書きます。 
 
 
〈続く〉


●河野 友希(こうのゆうき)/遊技機メーカーにてサウンド担当として在籍後、ダイコク電機へ転職。入社後、サウンドプロデューサーとして遊技機に特化した攻撃的かつ斬新な遊技機サウンドを数多くプロデュースし、多くの支持を集めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.