【遊情ネット】詳細な説明を繰り返した課長補佐講話

今月12日に余暇進秋季セミナーで行われた警察庁保安課の齊藤課長補佐による講話に関してですが、全体的な印象は『ぱちんこ営業が、風営適正化法以外にも気を配るべきということを、詳細な部分まで説明している』となるでしょうか。

構成は、①ぱちんこへの依存防止対策、②射幸性の抑制に向けた取組、③検定機と性能が異なる遊技機の問題、④遊技機の不正改造の絶無、⑤ぱちんこ営業の賞品に関する問題、⑥広告・宣伝等の健全化の徹底の6項目で、同友会創立25周年記念行事時(10月15日)と全く変わっていません。しかしながら、今回の課長補佐講話で加えられたり、修正されている点が散見されましたので、ピックアップして触れていきたいと思います。

まず、自己申告・家族申告プログラムでは「ループホールとなる店舗がないようにすることが重要です。ぱちんこへの依存防止対策の重要性がこれだけ指摘されている中、なぜ多くの店舗においていまだに同プログラムが導入されていないのか、理解は得られないと思うところであり、たとえば、会員システムがないから導入できないという理由なのであれば、会員システムがないからと言って同プログラムを導入できないわけでは決してなく、言い訳と捉えられてしまうということは御理解いただきたいと思います。(中略)すなわち、同プログラムを導入していないことをもって依存防止対策に消極的な営業所と見られ得るということを十分に認識し、(後略)」と加えられました。要するに、『プログラムを全店で入れなさい』『未導入の言い訳は認めません』ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.