【社長の雑記帳】イノベーションは周縁から生まれる

東京モーターショーが先月行われました。自動車と言えば、メーカーが無資格者に完成車検査を長年にわたって担わせてきた問題がニュースを賑わせたり、自動運転システムやEV(電気自動車)などの新技術が話題になっています。これまでの運転する楽しみに代わって、楽に移動できることが自動車のあり方になる時代がどうやらすぐそこまで来ているのかもしれません。
  
報道を見ていて気づいたのは、モーターショーの主役が「自動車メーカー」から「部品メーカー」にシフトしていることです。つまり、先述した自動運転システムやEVといった技術革新を牽引しているのは、「自動車メーカー」ではなく、これまで脇役であった「部品メーカー」なのです。イノベーションは周縁から生まれると経営学などではよく言いますが、まさに自動車業界で起きている技術革新の現象は周縁から生まれているのです。部品メーカーは周縁に位置しているからこそ、他業界の動向にも触れることができ、イノベーションの芽を掴むことができたのでしょう。
 
このような動きは自動車業界だけではありません。iPhoneがそれまでの携帯電話を駆逐し、定額配信サービスが音楽の聞き方を変え、スマホのゲームがゲームセンターや家庭用ゲーム機に取って代わったことを思い出してください。いずれも、はじめは大した存在ではないと思われていましたが、あれよあれよいう間に業界の中心となっていったのです。
 
遊技業界のイノベーションがどこから生まれるのか注目です。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.