【社長の雑記帳】棲み分けのポイント

国内カジノの開設は、いったいいつになるのでしょうか。IR基本法は成立したものの、具体的な内容を規定するIR実施法ならびにIR実施法に先立って作られる依存症対策法の成立については、衆議院の解散総選挙が行われたことや国際情勢の緊迫などもあって、今年の通常国会での成立は難しく、2020年の東京オリンピックまでの開設はほぼ絶望的なのではないかとの見方も出ています。
 
個人的には国内カジノには1回は行ってみたいですが、その後何回も行くかは疑問に思います。テーマパークで言えば、直近で東京ディズニーリゾートに行ったのは数年前ですし、USJに至ってはこれまでに1回しか行ったことがありません。カジノ(IRって言ったほうがいいのかな?)とテーマパークを一緒にするなって指摘を受けそうですけど、レジャーの立ち位置としては似たような感じがするんですよね。IRでコンベンションがあっても、カジノに行くとは限らないし。業界内外を問わず、似たような人は案外いる気がするけどなあ。
 
でも、パチンコ・パチスロとカジノの棲み分けは必ず求められると思います。しかも、いま以上の、明確な棲み分けが。となるとポイントは、どこで棲み分けるかということになるでしょう。時間なのか金額なのか、1回あたりなのか全体なのか、機械スペックなのか営業方法なのか、いくつもの切り口があろうと思います。
 
これを行政だけに任せておくと、遊技業界的にはよろしくないことになりかねないと危惧してます。自分たちの将来のことだという認識を持って、有識者会議を組織するなどして、21世紀的なパチンコ・パチスロの存在理由と立ち位置を見出す努力をするべきでしょう。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.