【社長の雑記帳】検定と認定、そして「みなし」

いろいろな情報が出回ってますが、間違いだらけです。

まず、検定はメーカーが取得するもので、認定はホールが取得するものです。また、認定は1回のみ取得可などということは法令のどこにも書かれていません。事実上、無理というだけです。さらにいえば、検定も認定も失効している遊技機、いわゆる「みなし機」ですが、その取扱いもどこにも書いていません。だからといって、いつまでも置いておける的な論調も正しいとはいえません。行政がその気になれば、いつでも法令違反で摘発される危険性がありましょう。

自主規制で自分たちを守ることが重要だと再三述べてきましたが、自主規制すら守れないなら厳密な法令を制定してもらったほうが、業界の将来にはよいのではないかとすら思ってしまいます。

自分たちに都合のよい解釈ばかりしていると、いい結果を生まない気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

「依存問題対策実施確認シート」、12月から運用開始

2019/12/4

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年12月号

主な記事:

列島を襲った豪雨・台風被害
度重なる豪雨と台風で各地のホールに甚大な影響
自発的な支援活動、多くのホールが立駐を一般にも開放/顧客・従業員の安全確保に課題/あらためて問われる企業の危機管理/業界団体やホール企業ボランティア/各地から寄せられる義援金

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.