【社長の雑記帳】12月号TOP COLUMNの補稿

12月号でも『原点回帰』をテーマとし、「安・近・短」のうち、『短』を取り上げました。
 
『短』について遊技業界がまず取り組むべきなのは、一人あたりの遊技時間を短くすることだと思います。本誌でも記したように、いまの社会環境において時間が細切れになっているのに対して、パチンコ・パチスロでは長時間遊技をベースとしており、これは時代の流れに逆行していると言ってもいいかもしれません。
 
先般の規則改正でも、平均的な遊技時間が4時間であるとして、新たな基準が新設されたのは記憶に新しいところです。確かに現在のプレーヤーの遊技動向を見ればそうなのかもしれませんが、新規プレーヤーの獲得あるいは離反プレーヤーの呼び戻しという喫緊かつ重要のテーマを叶えるにあたっては、逆に障害にすらなりうるのではないかと思うのです。パチンコ・パチスロをやらない人からすると、どのくらいの時間や金額がかかるか分からなければ、遊技場へ足を運ぶことはないでしょう。
 
やらない人に足を運んでもらうためには、長時間遊技してもらうべく複雑になってしまった機能を単純化することも必要になるでしょう。ざっくり言ってしまえば、ゲームフローが単純で短時間で勝負がつくような遊技機があってもいい、いや、あるべきなのではないでしょうか。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧規則パチンコ・パチスロ機の経過措置を変更した改正法が施行

2020/5/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年6月号

主な記事:

新型コロナ禍で各地のホールに休業要請 開店ホールも多く混乱
要請無視のホールにマスコミが殺到 業界へのバッシングが加熱

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.