【脚下照顧】『淘汰の第二幕』はあるのか

IR実施法案の進展はあまりよろしくないようです。このコラムでも取り上げた入場料のことやらが取り沙汰されていますが、おそらく進展していない理由はもっと根本的なところにあるように思います。
 
さて、2月から新規則が施行されました。いわゆる「みなし機」の取扱いを巡って、あるいは遊技場経営の先行きを悲観して、廃業する遊技場が散見されるようになりました。都道府県単位で見ると、廃業数にはどうやら地域間格差があるように感じます。推測ですが、2月からの廃業数がそれほどない都道府県では『淘汰の第一幕』が既に済んでいたのではないか、逆に廃業数がかなりあった都道府県ではこれが『淘汰の第一幕』だったのではないかと思われます。
 
そうなると、『淘汰の第二幕』はあるのか、あるならいつ来るのかが気になるところかもしれません。
 
個人的には『淘汰の第二幕』はあるのではないかと思っています、しかもそれは大規模に。しかしながら問題なのは、全国で何店舗になるのかなどという結果ではなく、むしろ『淘汰の第二幕』がどんなきっかけで幕を開けるか、ということだろうとも思っています。
 
パチンコ・パチスロにまつわる本音と建前の差異を世間が認めなくなった時点が、第二幕が開ける時ではないでしょうか。具体的にポイントを述べることは避けますが、「風営法が〜〜」「警察が〜〜」などということを言っているのは世間の風を感じられていない証左になってしまいます。「自分だけはなんとか生き残ろう」ではなくて、「このままでは全体がダメになってしまうかもしれない」という危機感を共有することが、遊技業界でいま必要なことかもしれません。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.