【脚下照顧】いわゆる、という枕詞

業界では、「いわゆる」という枕詞がよく聞かれます。代表的なものとしては、『等価営業』と『みなし機』でしょう。
  
なぜ「いわゆる」という枕詞が付くかを考えてみるに、前述した2つの項目もそうですが、本音と建前の差異がそこに存在しているからでしょう。その差異の善悪ではなく、その事柄が本当に必要な要件なのであれば陳情なりをすべきでしょうし、そうでないなら潔く止める英断をすべきだと思うのです。
 
議論もせずに状態だけをズルズルと引き伸ばした結果が今だとすれば、これが良い結果だったと業界関係者の誰が胸を張れるのでしょうか。
 
私たちの業がどのようなものであるのか、そしてその業をどのような形で維持していくつもりなのか、そろそろマジメに考えなくてはならない時期です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

遊技場数が大幅減 業容縮小に拍車

2019/3/8

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年3月号

2019-3
主な記事:

ホールの人手不足を加速させる採用難と離職増のダブルショック

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年2月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.