【脚下照顧】カジノじゃないんだから、インバウンドはいらない

先日、雑誌のトップコラムについての補稿を書いていないことに気づきました。なんで忘れてたのかなあとかぶつくさ言っていても仕方ないので、8月は書いていない補稿をさかのぼって書いていこうと思います。

で、今回のコラムですが、テーマはインバウンドです。

はやってますね、インバウンド。東京オリンピックが2020年、大阪万博も2025年にあるっていうのも大きいですが、4,000万人だかの政府による訪日外国人の数値目標もあるんで、インバウンド消費は勝機と捉える企業は少なくないわけです。とはいえ、訪日外国人にパチンコ・パチスロをさせようってのはちょっと難しいんじゃなかろうかと思うんですよね。以前も書いたかもしれませんが、(1)玉を借りる→(2)遊技する→(3)玉を払い出す→(4)賞品と交換する、ところまではできたとしても、店内にある賞品は訪日外国人のお眼鏡にかなうものが揃っているのかといえば、心許ない。では、(4)賞品と交換する→(5)第三者に買い取ってもらう、ところを訪日外国人に説明できるのかといえば、法的にできない(したらマズい)。

さあ、どうするんだ!?

ラスベガスで言えば、ストリップやダウンタウンにあるカジノは観光客向け、郊外にあるカジノは地元民向け、という棲み分けがまあまあできています。日本でも、カジノは訪日外国人向け、パチンコ・パチスロは在住者向けというふうに棲み分けたほうがいいじゃなかろうかと思う次第です。

そういえば、最近ロイターが発信した記事に、カジノは”game of chance”、パチンコ・パチスロは”game of skill”という説明がありました。わかりやすいなあ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

機構検査に備え「検定通知書」「認定通知書」の写しの常備を求める

2020/9/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年9月号

主な記事:

拡大する第2波の影響も適正な対応で被害は最小限に抑止
拡がり始めた従業員の感染 大手ホール中心に確認相次ぐ

2019年度パチンコ・パチスロ依存問題対策実施状況報告書

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.