【脚下照顧】セミナーを受ける際の心構え


遊技業界のみならず、どこの業界・業種においても、社会人向けセミナーが数多く開催されています。そして、そうしたセミナーは、先行きが見えない時代であるが故なのか分かりませんが、なかなか盛況のようです。

セミナー受講を一概に否定するものではありませんが、なんのために受講するかという明確な意思がない状態で受講しても、時間をムダにしていると言わざるをえないのかもしれません。

例えば、「競合店に勝つ○○戦略」とか「競合店に勝つ○○活用術」なんていうセミナーがあったとします。商業・サービス業における企業間あるいは店舗間競争は非常に激しくなっているので、勝つためのアイデアを少しでも獲得したいという気持ちは分かりますが、自社/自店と競合社/競合店の強味と弱味はケースによって異なりますし、まずもってそこを分析しないかぎり有効な手立ては打てません。そうしたセミナーで紹介されるのは、偶然(と言っては失礼ですが)発見された成功事例のひとつに過ぎないわけです。その取り組みを自社/自店に取り入れるのは容易ではありませんし、副作用を起こすことすらあるかもしれません。

セミナーを受ける際には、その点に十分留意される必要があると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.