【脚下照顧】私たちはラスベガスでなにを見てきたのか

遊技業界関係者によるラスベガスのカジノ視察が、かつては頻繁に行われていました。大規模カジノがマカオやシンガポールなどアジア各地にオープンすると視察先はそちらへ移行しますが、いずれにせよカジノ視察は続けられてきました。

では、私たちはラスベガスやマカオ、シンガポールのカジノ(大型IR施設だけでなくローカルカジノも含めて)からなにを学んできたのでしょうか。

自動化・省力化ゆえの様々な機器やセキュリティ設備などはその後のホール現場に取り入れられ、サービス業としてのあり方も広く伝わりました。その後の遊技場大型化に寄与し、遊技場経営企業の競争に大きく影響しました。

しかしながら、それはカジノが持つ一側面でしかありません。むしろ、遊技業界がカジノに学ぶべきだったのは、「カジノがいかに地域社会と関わり合っているか」だと思っています。タラレバを言っても仕方のないことではありますが、プレーヤー人口の減少やパチンコ・パチスロにかかる依存といった私たちが現在抱えている課題解決のヒントになったことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.