【脚下照顧】1月号TOP COLUMNの補稿

1月号では、「安・近・短」のうち、『近』を取り上げました。
 
プレーヤー並びに遊技場という2つの観点から『近』を捉え、パチンコ・パチスロが日常的であることの意味を考えてみました。パチンコ・パチスロがカジノとは異なる立ち位置でいることの大切さに改めて思いを馳せるとともに、新時代の遊技場の在り方を模索する必要性を訴えたつもりです。
 
これで、原点回帰についての考察はいったん終わりにします。
 
それはそうと、昨年12月に業界団体トップ数名が某党幹部に陳情をしたという話があります。この話自体は事実のようですが、ニュースになることで逆効果にならないか心配してしまうのは、考えすぎでしょうか。いい方向に転べば杞憂に過ぎなかったということになるので、そちらに期待しましょう。
 
それと、もうひとつ。業界団体間の協調体制がこのところ順調ではないような気がしてなりません。業界団体の数が多すぎるのも一因でしょうから、似たようなところは合併したらよいのではないかとも思いますし、組織間関係を整理するいい機会ではないでしょうかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.