【脚下照顧】2018年5月号TOP COLUMNの補稿

先週、書き忘れたと言っていた補稿の第一弾です。

5月号ではカジノ開設に伴う、パチンコ・パチスロへのさらなる規制について考えてみました。特に遊技くぎの取扱いがどうなるのかですが、現場の運用と机上の方針に差があることを強調しました。設定付きパチンコ機が出てきたこともあってか、遊技くぎに対する関心が薄れていますが、本当にそれでいいのかを考えてみるべきだと思います。

パチンコは”Game of Skill”だと書きましたように、なんらかの「技」が関与しないとパチンコ・パチスロではないのです。「技」には、プレーヤー側の技とともに、ホール側の技もあるべきではありませんか。

くぎだけではなく、遊技業界が大切にしておくべき項目はいくつもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

20180801_Player

パチンコ実機をオンラインで遊べる「nicohan」のベータ版が初公開

2018/12/28

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年1月号

2019-1
主な記事:

女性社員を対象にしたキャリアパスの複数化など昇進制度の柔軟な見直しを
ホール企業で拡がる女性管理職育成制度

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年12月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.