【脚下照顧】2018年5月号TOP COLUMNの補稿

先週、書き忘れたと言っていた補稿の第一弾です。

5月号ではカジノ開設に伴う、パチンコ・パチスロへのさらなる規制について考えてみました。特に遊技くぎの取扱いがどうなるのかですが、現場の運用と机上の方針に差があることを強調しました。設定付きパチンコ機が出てきたこともあってか、遊技くぎに対する関心が薄れていますが、本当にそれでいいのかを考えてみるべきだと思います。

パチンコは”Game of Skill”だと書きましたように、なんらかの「技」が関与しないとパチンコ・パチスロではないのです。「技」には、プレーヤー側の技とともに、ホール側の技もあるべきではありませんか。

くぎだけではなく、遊技業界が大切にしておくべき項目はいくつもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

国会議事堂

政府がギャンブル等依存症対策推進基本計画を閣議決定

2019/4/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年4月号

2019-4
主な記事:

次世代型遊技機に帯びる熱
依存対策が新たな推進要素に

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.