【脚下照顧】2018年6月号TOP COLUMNの補稿 | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

【脚下照顧】2018年6月号TOP COLUMNの補稿

ギャンブル等依存症に関して、ちょっと気になることがあったので記しておきます。
 
一般財団法人ギャンブル依存症予防回復支援センター(清水義晴理事長)という組織があります。清水理事長は競艇(ボートレース)の関係団体であるBOATRACE振興会の常務理事を務めていた経緯もあり、明記はされていないものの、同法人が競艇となんらかの繋がりを持った組織であることが想定されます。
 
同法人のウェブサイト(http://www.gaprsc.or.jp/)にギャンブル依存症の定義が記載されているのですが、『一般的に「パチンコや公営競技のような賭け事にのめりこむことにより日常生活又は社会生活に支障が生じ、治療を必要とする状態」を指します。』とあります。ふーんと読み飛ばしてしまいそうなところですが、ギャンブル等依存症対策基本法案にも「ギャンブル等(法律の定めるところにより行われる公営競技、ぱちんこ屋に係る遊技その他の射幸行為をいう。)」と定義されていることから、ここはパチンコよりも公営競技が先に記載されるべきでしょう。考え過ぎかもしれませんが、ギャンブル等依存症の注目をあたかもパチンコに向けさせようという意図があるのだとしたら、業界はこうした動きも気をつけておきたいものです。
 
さて6月号では、昭和30年ごろに起きた単独立法化の動きを過去記事を引用する形で紹介し、業が先々まで成り立つような言動について触れるとともに、昨今よく聞く撤退話の寂しさを述べました。昭和30年と平成30年では時代が違いすぎるという指摘はあるかもしれませんが、パチンコ・パチスロがカジノとは異なる「地域に根ざした大ギャンブル型レジャー」であるならば、法案の大綱に記された税金や納付金の在り方は現在でも通じるものがあろうかと思います。
 
業の存続発展のためになにをなすべきか、プレーヤーのみならず地域社会との関係で考えていくのもいいのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

神奈川県遊協のサーカス招待2018

神奈川県遊協が施設の児童をサーカスに招待

2018/8/2

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年8月号

2018-8
主な記事:

大手以外でのPB機導入が増加傾向、新規則機でも浸透するか
需給の関係性に生じる変化 再び拡がり見せるPB機

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年7月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.