【脚下照顧】2018年8月号TOP COLUMNの補稿

補稿がだんだんと追いついてきました。

そういえば、すこしばかりの反響があったのが7月号の『忘れられる「正の側面」』でした。負の側面ばかりを社会から指摘されてきてましたので、このコラムを読んでいただいて「我が意を得たり」と思われた方が少なからずいらっしゃったのかなと思いました。

ただ考えていただきたいのは、飲食店のことをイメージすると分かりやすいかもしれませんが、不満があったりすると指摘しやすいものの、満足したからといって褒めることは多くありませんよね。同じことは正負の側面でも言えることを理解しておいたほうがいいのではないでしょうか。9月上旬に某所で「正の側面」について講演させていただくのですが、パチンコ・パチスロが今よりも社会に受け入れられていた時代との差について、遊技通信の過去記事を元に組み立てるつもりです。

さて8月号では『潮目の変化を見極める目』と題して、虫の目・鳥の目・魚の目という3つの観察の視点を取り上げ、遊技業界は虫の目ばかりで、鳥の目が足りておらず、魚の目にいたってはほとんどない、というお話をいたしました。

本誌コラムは以前、鳥瞰虫瞰というタイトルだったのですが、虫の目(=虫瞰)ばかりでなく鳥の目(=鳥瞰)も業界には必要だと思ったので名付けました。そうしたら、実はもっと必要だったのが魚の目だということに気づいて、今回のコラムで記した次第です。

7月号の「正の側面」と8月号の「魚の目」は根底に流れるものが似ていて、どちらも社会との関係性が求められています。大衆娯楽という言葉も社会との密なる関係性があってこそ名乗れるのであって、いまのパチンコ・パチスロには大衆娯楽を名乗れるだけの資格があるのかといえば心許ないのではないでしょうか。言葉遊びをしたいのではなく、パチンコ・パチスロとはなんぞや、大衆娯楽とはなんぞやをもう一度考え直すべきかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

経営者研修会全景

都遊協が遊技場経営者研修会

2018/10/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.