【遊情ネット】コロナ拡大の食堂の有り方について

多くの郊外店では現在、食堂併設店舗が多くありますが、このコロナ禍では店舗で食事をする遊技客が減少しています。遊技客以外でも一般の方は、店舗での外食を避けて、コンビニ弁当や弁当専門店での弁当を車の中や事務所で食べるようにしています。
 
なぜならば、多くの一般企業では宴会や外食禁止が出ているためです。もし、感染すると左遷や退職に追い込まれることが多いのです。企業で一人でもコロナ陽性者が出た場合、2週間の休業に追い込まれます。特に大規模事業所では数十億円単位の生産減となることもあるわけですから、大打撃を受けるための当然の措置かもしれません。
 
しかし長期化する我慢生活で、コンビニ弁当や弁当屋の弁当にも飽きています。特に郊外では、弁当屋はほとんど無いため、昼・夜をコンビニ弁当生活となっています。昼食をコンビニで購入したとしても、トイレやイートインスペースを閉鎖しているところも多く、コンビニ弁当をパチンコ店で食べる例が増えています。
 
熊本県や福岡県に、「ヒライ」という飲食店があります。総菜やご飯を量り売りをし、弁当を出来立てで提供しているほか、蕎麦やうどんを店舗で提供しています。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年3月号

主な記事:

回復基調に水を差す緊急事態宣言の再発令と措置の延長
低稼動状態からの反転攻勢へ 業績向上のカギはパチンコの管理

地域の発展や変化に合わせて拡大・伸張した激戦区の現在
首都圏繁華街にある「衛星都市」の変遷

全日遊連全国理事会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

遊技通信創刊70周年記念対談・
光和総合法律事務所 渡邊洋一郎弁護士

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年2月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.