2022.10.21

【遊情ネット】スマートパチスロ、導入前夜の混沌

11月下旬のスマートパチスロ(スマスロ)第1弾導入に向けて、スマートユニットの割り当て本数などがようやく把握できたところがある一方、まだ諸々の部分が具体的になっていないホールも多い。大まかな方向性がみえてきたホールの機種選定をみてみると、初陣のインパクト重視で全リリース機種の導入に近いところ、長期稼働に視点を置いて機種を絞るところと様々だが、6.5号機の好業績でようやくパチスロが活性化しつつある中、スマスロ初期導入によるエリア優位性を最重視している部分は共通する。最近ではスマスロ導入に積極的でなかったところも、実績づくりのために1台でもいいから入れておきたいというニーズがちらほら出てきているようだ。
 
スマートユニットの導入は、これまでのようなワンボックス単位での入替と違い、ユニットの本数的にも遊技機の台数的にもバラ導入に近い状態になる。ホール側からすると希望の台数と本数が合致したタイミングでGOサインを出したいところだが、そもそもユニットが足りないのに加えて、最近では一部機種の台数が足りないといった話もにわかに出ており、台の供給状況にも不安が残る。台とユニットの導入については、タマゴが先かニワトリが先か、その対応は関係メーカー各社の考え方にもよるが、仮にユニットを余分に抑えても各種前提条件で入れたくても入らない台があり、最近の適合状況からスマスロ第2弾以降のラインナップもなかなかはっきりしない。逆に遊技機の台数を余分に抑えたとしても、台とユニットがセットになるため、売却する際に買い手がみつからない可能性もある。