2022.4.1

【遊情ネット】パチンコ店の現状と今できること

多くのパチンコ店では現在、新型コロナの影響で高齢のお客さまが激減していますが、入れ替わるように、飲食店やスナック・キャバクラ等で遊べなくなったお客さまが増加しています。彼らはこれまでパチンコ店への来店頻度は少なかったのですが、パチンコ機を中心に遊技を始めており、お客さまの入れ替わり現象が発生しています。ただし、入れ替わってきたお客さまは、多機能で難しい最近の遊技機ではなく、パチンコのCR機やパチスロのAタイプ機等を好んで遊技をする傾向にあります。この単純な遊技機を好む傾向は、暇つぶしが目的のため、遊技機の勉強をしてまでパチンコ・パチスロをする気はないものと考えられます。
 
最近増加した、このような来店頻度の高いライトユーザーは、遠方のパチンコ店に行くこともなく、近隣でなんとなく良さそうなパチンコ店に入ります。「なんとなく」というのは、駐車場に車が多く停めてあり、店内の雰囲気が良いと感じたパチンコ店を選んで、継続的に行くようです。こうした選択は、美容室や飲食店、スナック・キャバクラ等の選択方法と同様で、「良いパチンコ店」とは清潔で稼働が比較的高く、店内装飾が定期的に変更される等の要素があるようです。
 
パチンコ店での店内の変化は台替えのみで、観葉植物や飾り付けなどはなく、遊技機紹介のイーゼルのみで、お客様目線の店舗にはなっていません。