【遊情ネット】企業独自の取り組みがデファクトスタンダードになる時

1月17日に行われた小堀課長講話の原稿を読みました。これまでの流れを踏襲した内容になっていましたが、気になるところがいくつかありました。

まず、やはりというべきか、「大衆娯楽」という表現はありませんでした。行政当局がもはやパチンコ・パチスロを大衆娯楽とは認識していないのは、新たな局長・課長体制になっても継続されているようです。このような行政当局の見方を業界団体がどう受け止めるのか、総会での各種文書における表現が大変気になるところです。

続いて、これまでと異なる点として、以下のように「先進的な企業の取り組み」を3回にわたって触れています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数9,639店で38年ぶりの大台割れ

2020/3/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年月4号

主な記事:

突きつけられる空気感の見定め、客離れも徐々に進行
新型コロナで拡がる自粛ドミノ 難しい舵取り迫られる展開に

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.