【遊情ネット】改めて見直す全国平均データの捉え方

今年に入ってずっと、4円パチンコの時間あたりの粗利が上昇し続けているという。パチスロ旧規則機の撤去と6号機の不振、コロナ禍で元通りにならない集客と利益、新旧規則機完全入替にかかる費用負担と、確かに利益確保できるところからとっていかなければままならない状況にある。大手企業でさえ企業存続を考えてスクラップ&ビルドを進めている。
 
その一方で、今がチャンスと規模拡大やエリア支持率の向上策など浮上に向けた取り組みに着手している企業もあり、状況的にも今後明るい材料がないわけでもない。今年1月と5月の月間稼動と粗利の全国平均データをみると、例年なら1月の稼動と粗利が5月よりも高いところ、今年は珍しく5月の月間データが1月の月間を上回った。コロナの変則要因はあるとしても、これだけ高粗利で推移している中で5月の方がよかったため、今後ワクチン接種が進んで集客もある程度は戻ると考えると、盆商戦や年末商戦は5月よりも好業績になることが期待できる。
 
今の業績で収益部門はほぼパチンコ頼りになっており、言い換えればパチンコは何とか高粗利営業に耐えられている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.