【遊情ネット】最新ゴトの種類と手口(2)

九州における光ファイバーを折る手口は、バジリスク絆に対するゴト行為をやり過ぎたことによって早い段階(設置期間1年)でバジリスク絆がアナザーゴッドに入れ替わったために、狙いがアナザーゴッドハーデスに移行しました。しかし、関西系ゴト師にアナザーゴッドハーデスの手口(光ファイバーを折るタイミング)を教えていないため、九州や四国のみの被害に留まっています。

現在、九州ではバジリスク絆やアナザーゴッドハーデスが既に撤去されたことによって、ミリオンゴッド神々の凱旋の1BET外しに移行しています。常駐型ゴト師の最大の特徴は、店舗で異常を認識しづらいことです。痕跡をできるだけ残さず、VTRにも撮影させないようにするために、被害を店舗で確認することは困難です。データ上では被害を受けると機種別データで大きく赤字が続きます。利益確保のために当然、低設定台を増やすことになるので、稼働低下が発生して長期的な被害となります。ゴト師や打ち子の数は、今回の1BET外しの被害状況から察するに、数千人はいると思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧規則パチンコ・パチスロ機の経過措置を変更した改正法が施行

2020/5/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年6月号

主な記事:

新型コロナ禍で各地のホールに休業要請 開店ホールも多く混乱
要請無視のホールにマスコミが殺到 業界へのバッシングが加熱

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.