2019.12.27

【遊情ネット】本年もお世話になりました

本年も、遊技通信と遊情ネットをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

弊社が運営しております2つのウェブサイト(遊技通信webと遊情ネット)のリニューアルを行ない、ユーザーフレンドリーな構造にするとともに、内容の充実を図りました。遊技通信webでは遊技業界の出来事をタイムリーに配信することを心がける一方で、遊情ネットでは専門家によるコラムや月刊誌の記事、行政発出文書等を提供することで、両者が補完的な関係となることを目指しました。遊情ネットは来年、コラムの執筆者も順次増やしていくことを予定しており、バリエーションに富んだ情報発信をしてまいります。

日本語では『情報』とひとくくりにしてしまいがちですが、英語では
data(データ)、information(インフォメーション)そしてintelligence(インテリジェンス)と使い分けられます。dataは「単なる事実や資料」で、informationは「ある基準に基づいてdataを整理したもの」を指していますが、intelligenceは「informationの内容を分析評価して、洞察や解釈を加えて価値判断を与えたもの」となります。米国にCIAという組織がありますが、日本語では『中央情報局』なのでinformationなのかintelligenceなのか分かりにくいですが、正式名称ではCentral
Intelligence Agencyとなっています。大統領や政策決定者が決断するための情報となると、洞察や解釈を加えたintelligenceになるわけです。

弊社といたしましては、長年蓄積してきましたノウハウと新たに取得した資格(中小企業診断士や認定経営革新等支援機関)を活かし、『遊技業界に特化したintelligence(インテリジェンス)』をすることを事業の柱としてまいる所存です。産業の先行きが見えづらくなっている昨今ですが、弊社が提供する情報が貴社の維持発展に少しでもお役に立てたなら、これほどの喜びはありません。

さて、来年から”Day Watch”というコラムのカテゴリーを設定し、筆者が感じたことを書き綴っていきます。スタートに先立ちまして、12月15日のウルトラマラソン完走記を書いてみます。