【遊情ネット】業界の知の集積場所はどこにある

新聞の売上減が止まらない。2020年10月現在の新聞の発行部数合計は約3,500万部で、3年前に比べて約700万部減少した。しかも、減少率は2017年が前年比2.7%の減少で、2018年5.3%減、2019年5.3%減、そして2020年は7.2%と大きくなっている。
 
おそらく要因はネットだろう。日刊とは言え重要なニュースが次の日の朝に来る新聞と原稿ができてすぐにUP出来るネットではニュース鮮度が違う。しかも続報もUP出来る。もはや新聞の存在価値が全てネットに取られ、あとはネットを利用しない高齢者のための媒体となってしまった。一方ネットにもリスクは有る。情報の出所が定かではなく、いわゆるフェイクニュースも多い。
 
上記の件は業界でも同じで、業界誌も苦しいと聞く。解散・閉刊しているところも多い。リアルタイムで情報が出てくる中、紙媒体でも価値を見出せるかが生き残りの課題なのだろう。ある業界誌はニュースのためのWEBを充実したり、ある業界誌は週刊で新聞を作ったりしている。どちらも生き残りのための経営戦略なのだろう。
 
業界誌は広告収入が中心で、読者収入よりも多いと聞く。とすれば広告を増やすためには、価値に見合った購読者数、閲覧数が必要となる。もしくはその業界誌から明確に広告の反応による売上があるかどうかがわかるようなツールがあれば、広告も増えることだろうと思うが、どうだろうか。
 
遊技通信をはじめとした主要業界誌を長年読んでいると、その時々のニュースの検証記事や考察においては、業界内外で流れてくる情報に比して深い考察ができている。またコンサルタント等の時節にあった考察はとても参考になる。
 

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.