2021.8.6

【遊情ネット】稼動率上位店舗がやっている地道な運用

商圏分析データで稼動率上位店舗をみると、かつてランキング上位の常連だった強豪店の一部が鳴りを潜める一方、6月末週にGWのピーク時に近い業績をあげてコロナ前のレベルにまで回復している店舗もある。コロナ禍で集客施策も必要最小限に止めている中、この差はエリアや立地の特性というよりも、やはり積極的な入替や運用といった店舗力が決め手になっていると思われる。とはいえ、上位店舗が今何をやっているのか聞いてみたいという意見は多い。
 
幸いパチンコは、玉単価など性能面で旧規則機を超えるものも登場し、全体のアウトや粗利の減少分を補っている。最近では「牙狼」が話題だが、稼動率上位店舗がすべて「牙狼」の設置台数が多いというわけでもない。