【遊情ネット】遊タイムなど新機能搭載機に着目して早期の立て直しを

新型コロナの影響で稼動落ちが加速する中、緊急事態宣言が発令され、対象の都府県では休業を発表するホールも出てきた。遊技機メーカー側も、感染拡大防止対応で要請を受けているホールの広告宣伝自粛の影響も含めて、ホールの動きに呼応するかたちで新台の納品を延期するところが多い。これまでも海外の部品調達の遅れで納期の延期を発表するメーカーはあったが、ここ最近の事態を受けて、4月納品予定の新台は一部を除いてほとんどが5月以降の先延ばしが決まっている。

そもそも4月から5月にかけて、パチンコでは遊タイムや時短回数の緩和、突然時短といった新機能搭載機がメーカー各社から市場投入される予定だった。なかでも遊タイムは、パチスロのようにゲーム回数が遊技動機になる可能性があり、従来のパチンコになかった追いかけ要素が見込め、業界を活性化させる起爆剤のひとつとして期待されていた。実際に予定されている新機能搭載機は、看板的なコンテンツの採用、新機能の利点を活かした独自の仕様など、各メーカーの力の入れ具合を感じられるものが多く、パチンコの設定搭載機が出た当時とは、まったく異なる盛り上がりをみせていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.