2021.3.26

【遊情ネット】長期化するコロナ禍での移動自粛要請の影響

長期化する新型コロナウイルスによる自粛の影響で、地方では多くのお客様が県の都市部へゲームをするために移動することを控えています。そのため、週末の都市部での稼働が上がらない状況が発生すると同時に、稼働の中心機種の地域差が発生しています。また地方でも、住居のある市内での感染者が少ないところでは、都道府県や市町村をまたぐ移動を控えて、近隣の店舗でゲームをする傾向にあります。この状況が長く続いた影響で、パチスロの稼働機種に違いが出ています。その結果、店舗間の距離が10km位であっても、稼働中心機種が異なる結果となっています。
 
特徴的機種は、パチスロで「押忍番長3」と「バジリスク絆2」で、三種類に分類されます。①「押忍番長3」の稼働が高くヘビーユーザーが多い地域、②「バジリスク絆2」のライトユーザーの多い地域、③「押忍番長3」と「バジリスク絆2」の双方とも稼働がある混在地域、とはっきりと傾向が出ていまして、稼働の差も非常に大きくなっています。
 
「押忍番長3」と「バジリスク絆2」の双方とも稼働がある地域では、ジャグラー系はどこでも稼働が高い傾向が見られます。「押忍番長3」の稼働が高い地域では、旧規則機のジャグラー系パチスロの稼働のみ高く、新規則機の稼働は低い傾向にあると同時に、パチンコでは「大工の源さん」や遊タイム機の稼働もあるようです。この傾向に対して、